CODEC PLANNING

ウェブレピュテーションマネージメント業務

HOMEウェブレピュテーションマネージメント業務 > ソーシャルメディア最適化によるマーケティングコミュニケーション戦略
ウェブレピュテーションマネージメント

ソーシャルメディア最適化によるマーケティングコミュニケーション戦略

ウェブレピュテーションマネージメントは監視結果をレポートし、危険情報を単に報告する業務ではありません。有人巡回監視に基づいたソーシャルメディア最適化施策よってウェブサイトがマーケティングコミュニケーションの戦略ツールとして効果的に活用できるようにするためのウェブサイト運用支援業務です。


ウェブレピュテーションマネージメント業務概念図

【有人巡回監視】
1 評判に影響を与えるソーシャルメディア(15〜20サイト)を有人巡回監視によるモニタリング。
2 主要検索サイトの表示内容のモニタリング。
3 WRMモニタリングレポートの作成・報告。


【連絡・報告・会議・指導】
WRMモニタリングレポート基づくSMO企画・緊急対応・更新業務等の連絡、及び定期報告、ミーティング実施によるソーシャルメディア最適化の具体的対策を決定。および実施。

業務開始までの作業の流れと業務開始後の作業区分

【最適化業務】
定例(または随時)の会議の結果を受けて、具体的な最適化業務を実施します。コーディング担当、担当エンジニアを専任しますが、既に担当がいる場合は、業務を依頼する場合があります。

【ウェブ巡回監視業務】
契約により、監視時間帯を定めます。24時間体制の監視体制も可能ですが、監視時間によって、1名〜3名体制で業務遂行いたします。

【定期報告と最適化ミーティング】
契約により定例会議の開催回数を決定し、契約に基づいて会議を実施します。会議は原則として毎月1回は最低限実施しますが、必要に応じて随時開催いたします。

【緊急更新業務】
巡回監視業務によって、緊急的にウェブサイトの更新が必要になった場合に、更新業務を実施します。コーディング担当を選任しますが、既に担当がいる場合は、業務を依頼する場合があります。

お問い合わせはこちら
評判管理の必要性

戻る
ページトップへ



お申込み・お見積りのご相談はこちらまで